多人数で使うなら!接続台数の多いルーター

家に人を招く事が多いなら接続台数の多さが重要

インターネットのルーターを選ぶ際に重視しておきたいのが、wi-fiの同時接続可能な台数です。wi-fiルーターには機種によって同時に何台まで機器の接続が可能なのかが違っており、あまり安価なルーターだと少数の機器しか受け付けてくれません。特に友人などが訊ねてくる機会が多い場合、各自のスマホがちゃんと繋げられるように、同時接続台数は多めのものを確保しておきたい所です。またこの同時接続台数の上限が高いほど、同時接続時に通信速度などが低下しづらい傾向もあります。いくらスマホ側の処理速度が高くても、そこに届くデータ量が少なければ意味がありません。ルーターを選ぶ時はなるべく同時接続台数が多く、通信速度が遅延しづらい物を選ぶ必要があるでしょう。

wi-fiはスマホ以外も接続するため台数は多い方が良い

wi-fiというとスマホで使うイメージが強いので見落としがちなのですが、実は他の家電でもwi-fiを使う機器は増えてきているので、スマホの台数分だけ同時接続数があるからと安易に安心できない側面があります。例えば自動で部屋の床を掃除してくれる家電などは、いつ掃除を実施したか、トラブル無く終わったかなどのデータをwi-fi通信を使ってスマホに通知してくれる機能があります。また家でペットを飼っている場合、ペットに異常がないかをチェックするためのペットカメラを設置していれば、そのカメラも接続にはwi-fiを使用していることが多いです。その他にもエアコンや炊飯器など、wi-fiを使う機器は増えており、ルーターの同時接続台数は多ければ多いほど良いと言えるのです。